木製ソファーの平均相場をお教えします

北欧インテリアの人気が高まり、ソファーも木製フレームの製品が特に好まれるようになってきました。天然木が使われている場合、その樹種によって平均的な価格帯が全く違って来ることがありますので、木製ソファーの平均相場は、あって無いようなものと言えます。3人掛けのスタンダードなデザインで下は3万円台から、上は上限が無いものの、10万円前後で質の高さがアピールできるといった雰囲気です。どうしても購入したい樹種のソファーが決まっている場合は別として、多くの人が好むデザインであれば、よく売れているタイプの中でも、多くの人が購入しやすい価格帯の製品があります。比較サイトなどで売れ筋を確認して、一人掛け用などサイズ別で調べて行きます。そういったタイプを購入する場合は、製品名を確認して、各店舗における割引率などを細かく比較して行きます。送料の有無でもトータルの価格が変わってきますので、注意が必要です。

樹種にこだわった贅沢なインテリア

家具などの色合いや質感へのこだわりが深まってくると、樹種による味わいの違いに魅了されるようになり、インテリアを一つの樹種で統一するといった贅沢な楽しみ方を見出す人も居ます。インテリアに合わせて、フレーム部分をウォールナットやチェリー、ナラ、メープルなど、人気が高い樹種から選んだり、オーダーメイドで作ったりします。家具同士の樹種を合わせることで、インテリアの品格が格段に上がり、シンプルさが魅力の北欧インテリアでは、素材感の良さが際立ちます。無垢材ならではの経年変化の妙も魅力で、長く使い続けるほどに、色合いが変化し自分だけの質感となってきます。樹種の統一は、インテリアでの究極の贅沢といった面もあり、平均相場を知るのは困難ですが、特に人気が高い樹種でなければリーズナブルな製品もあります。

リーズナブルな製品のデメリットも把握

木製ソファーは、真に座り心地の快適さにこだわり、クッション性やファブリックの上質さを追求する人にとっては、肝心のクッションが今一つという印象を抱くことがあります。フレームの樹種やデザイン等にはこだわり、職人の手作業で仕上げられているものの、クッションは他メーカーの製品を使用して作られているものもあります。もちろん、双方が高い品質で製造販売されている一級品もありますが、当然、かなりの高額となります。樹種にこだわったフレーム重視で、クッションは一般的な雰囲気であれば可とするなど、こだわりポイントを絞ることで、よりお得価格で購入できる可能性が高まります。クッションがカバーリング仕様の場合は、カバーやクッション材を交換することができますので、季節や気分でカバーを替えるなど、変化も楽しめます。リーズナブルに購入できるポイントは多いと言えます。

木材や張地のサンプルを無料で貸出し致します。 厳選された6つの無垢材と6つのフレームデザインから、お好きな組み合わせをお選び頂けます。 木材のフレームについては、「さすり仕上げ」により、段差の無い滑らかな形状に仕上げています。 無駄のないシンプルなデザインは、空間を選びません。 ご提案のご希望およびお見積りは無料にて承れます。 各店、最寄駅から徒歩5分圏内に店舗を構えております。 木造の無垢材ソファはこちらのサイトで!